アウルデンタルクリニックの症例集

予約受付電話番号

047-711-9020

WEB予約

症例集

マウスピース矯正(インビザラインGO)2

治療回数:約4回
来院回数:6回
トータル費用:
トータル費用:440,000円(税込)

術前

アメリカ「オパールエッセンス」

術後

ご来院時

マウスピース矯正(インビザラインGO)

前歯の歯並びを改善したケース

治療回数:約4回
治療期間:約2か月
トータル費用:
トータル費用:440,000円(税込)
支払方法:現金・カード・ローン

術前

前歯の隙間が空いていることをずっと気にされていました。

ただ被せものは歯が大きくなるので行いたくなく 矯正治療で手軽に出来るようだったら行いたいとのとで、ご相談に来られました。

歯髄まで達してしまった虫歯

診査・診断

3Dスキャン(iTERO)での型取り、診査・診断を行いました。

当院で行っているマウスピース矯正(インビザラインGOシステム)にて、患者様のご要望を叶えることができそうなので、治療計画を立案、ご納得いただいたうえで矯正治療を開始しました。

チェック

1週間に一度マウスピースを自宅で交換していただき、チェックのため2週間に1回ご来院、たった2ヶ月でこのように歯並びが改善しました。

根充

院長からのメッセージ

前歯が空いていた気になる部分が改善され、以前よりしっかり噛めるようになり、喜んでいただきました。

当院では、目立たず、ワイヤーを装着せず、期間もかからないインビザラインGOシステム(マウスピース矯正)を行っております。「上下前歯だけ歯並びを治したい」など部分的な歯並びを治したいといった方は、是非お気軽にご相談ください。

セラミック治療(インレー)

深い虫歯におけるケース

治療回数:約6回
治療期間:約1か月
トータル費用:
インレーの場合33,000円〜(税込)
クラウンの場合63,000円〜(税込)
支払方法:現金・カード・ローン

虫歯

虫歯菌が歯髄まで達してしまったら、残念ですが歯髄を取る必要があります。

歯髄まで達してしまった虫歯

抜髄

ファイルという針の先にやすりがついた器具を使って、根管の内壁を切削していきます。
マイクロスコープを使って治療(自費治療)

抜髄

根充

歯の中がきれいになったら、黴菌がふたたび入りにくいように空洞を詰める作業をします。

根充

ファイバーコア

クラウンを入れる前に歯の上に土台を築かなくてはなりません。当院では最新技術のグラスファイバーを用いたファイバーコアを使用します。

ファイバーコア

保険治療の場合

フルキャストクラウン

フルキャストクラウンと言われるもので、金銀パラジウム合金など金属を使った被せ物を使用します。

自費治療の場合

セラミック

自費診療の場合、セラミックなどの材質になります。
保険診療と比べて、見た目の良さはもちろんのこと、歯のエナメル質を削る量が少なくて済むので、ご自身の大切な歯をより残すことができます。

セラミック治療(臼歯クラウン)

治療回数:約4〜5回
治療期間:約1か月
トータル費用:88,000円(税込)
支払方法:現金・カード・ローン

術前

数日前から歯の根元が腫れる。セラミックの境目が黒いことが気になる。

術前

歯を削り、型取り

マイクロスコープを用いて、歯ぐきを傷つけないように削り、型をとります。

歯を削り型取り

合わせる

セット前にフィット感の確認と色の確認をします。

セット前にフィット感の確認と色の確認

セット

セット後、約3ヶ月の状況です。

セット約3ヶ月後

セラミック治療(前歯クラウン)

治療回数:約4〜5回
治療期間:約1か月
トータル費用:136,400円(税込)
支払方法:現金・カード・ローン

術前

前歯が欠けていて、色も他の歯と違うのできれいに治したい。

術前

歯を削り、型取り

マイクロスコープを用いて、歯ぐきを傷つけないように削り、型取りします。

歯を削り型取り

合わせる

セット前にフィット感と色の確認をします。

このケースでは、天然歯の歯の色が特殊であったため2回程おこないました。

セット前にフィット感と色の確認

セット

セット後、約1ヶ月の状況です。

セット約1ヶ月後

セラミック治療(ラミネートベニア)

治療回数:約4〜5回
治療期間:約1か月
トータル費用:114,400円(税込)
支払方法:現金・カード・ローン

術前

昔、神経を取った歯の色が他の歯の色と違うのできれいに治したい。(結婚前なので前撮りまでに終わらせたい)

術前

歯を削り、型取り

マイクロスコープを用いて、エナメル質の範囲内の削りとするように注意深く削ります。

歯を削り型取り

合わせる

フィット感と色の確認をします。

フィット感と色の確認

セット

合わせた時と同じ状況が再現できるようにセットします。

合わせた時と同じ状況が再現できるようにセット

ホワイトニング

歯を白くしたいあなたへ

施術前

ホワイトニング施術前

施術後

ホワイトニング施術後

1回目来院時

初診カウンセリングを行い、理想の口元に近づけるよう丁寧にお話を伺います。またお口の中の検査、クリーニングを行います。

初診カウンセリング

2回目来院時

ホームホワイトニングに使用するマウスピースの型取りを進めます。

※虫歯等があった場合には、別途虫歯治療が必要になります。

マウスピース作成の型取り

マウスピース完成

完成したマウスピースを装着していただき、ホワイトニングが問題なくできるかを確認します。

マウスピース完成

ご自宅で使用

専用の薬剤とともにご自宅で使用し、ホワイトニングを進めていただきます。

1週間に一度、ご来院いただき色の変化を確認していきます。

ご自宅で使用

アメリカで最もポピュラーな「オパールエッセンス」を使用

オパールエッセンスは他社のホームホワイトニングシステムと比較して、薬剤ジェルがマウスピースから漏れにくく、使用中のお口の中の不快感が少ないことが最大の特徴です。また、歯にとても優しい成分を使用していますので、治療中の知覚過敏を起こしにくくなっています。

料金:22,000円(税込)/2週間分
※2週間でご希望の色にならなかった場合1週間分のジェル(8,800円(税込)を追加購入可能
アメリカ「オパールエッセンス」

PMTC

汚れが気になるあなたへ

PMTC:「Professional Mechanical Tooth Cleaning」

お口の中には、1ミリグラムに対して2億匹の細菌がいると言われています。
その中の悪玉菌を弱めて、お口の環境を整えるのがこちらのPMTC♪
審美の敵、着色も細菌の上に着色していますので、そちらも綺麗に落とし口臭予防にも!
施術もまるでエステを受けている感覚です。

所有時間/料金
約60分
¥2,750~3,300円(税込) ※保険適用
エアーフローは+3,300円(税込)

Before

PMTC施術前

超音波スケーラーを使用し歯石や歯肉の溝の細菌(バイオフィルム)を除去し歯周ポケットの中を洗浄していきます。

After

PMTC施術後

歯の表面を整え、汚れの再付着を防ぐ効果のあるトリートメントペーストを使用しラバーカップで磨いていきます。

歯周ポケットを洗浄

超音波スケーラーを使用し歯石や歯肉の溝の細菌(バイオフィルム)を除去し歯周ポケットの中を洗浄していきます。

歯周ポケットを洗浄

トリートメントペーストで歯を磨く

歯の表面を整え、汚れの再付着を防ぐ効果のあるトリートメントペーストを使用しラバーカップで磨いていきます。

トリートメントペーストで歯を磨く

最後に

最後に更に歯を強くしてくれるフッ素を歯の表面に塗布します。

※30分程度は飲食をさけていただくと効果的です。

フッ素を歯の表面に塗布

オプション 着色が気になる方へ(エアーフロー)

エアーフローを使い、歯の表面にこびりついた汚れ(タバコのヤニなど)や着色、細菌、自身ではケアできない補綴物のすき間などを水圧と特殊なパウダーでしっかりとキレイにします。

着色が気になる方へエアーフロー

歯周病治療

中断せずに継続して治療をお受けいただくことが大切な理由

歯周病治療スタート

こちらの患者さんは、平成26年5月に初来院し同年11月まで継続的に歯周病治療を行っていました。

この時点では歯周病の病態は安定していましたが、その後、しばらくの間ご来院いただくことはありませんでした。

歯周病治療

Before:約5年ぶりにご来院

平成31年3月、約5年ぶりに再来院。

右上2番のかぶせもの脱離と右上6番の入れ歯の支えになっている歯の動揺と咬合痛を訴えていました。

この時点で右上6番は歯周ポケット11ミリ(健康者3ミリ以下)あり、周囲の歯肉は強度に腫れ出血も多くありました。

医学的判断から保存不可能であり、残念ながら抜歯することになりました。

右上2番のクラウンの中は虫歯になり虫歯の部分を取り除きクラウンを再度装着いたしました。

約5年ぶりにご来院の歯

After:1か月間の全顎的集中治療

その後、患者さんは整形外科での手術を予定していることから、全顎的な歯周治療の必要があり、平成31年3月~4月までの1ヶ月で集中的な歯周治療を歯科衛生士とともに行いました。

その結果、全顎的に3ミリ以下の健康な歯肉を獲得することができました。

1か月間の全顎的集中治療後の歯

院長からお伝えしたいこと

今回の歯周病治療に限らず、治療途中で中断をしまうと状態はますます悪化してしまいます。

当院ではそのような場合でも最善の治療を尽くしますが、お口の状態を良くしていくためには、患者さんとの二人三脚でのご協力が必要です。

治療の中断をせずに、できる限り完治まで頑張りましょう。

院長からお伝えしたいこと

インプラント

長年使用されていたブリッジが取れたために治療を希望され当院においでくださいました。(60代後半女性)

治療のリスク:腫脹、発赤、疼痛、皮下出血斑、神経麻痺、放射線被曝
その他のリスク:治療期間の長期化、金銭的負担
料金:99万円(税込)

ご来院時

他医院で治療したブリッジが取れてしまい、ブリッジor インプラント治療を提示。隣りの歯への負担の少ないインプラント治療を選択されました。

ご来院時

術前処置

隣の歯に虫歯があったので、先に虫歯治療を行いました。

術前処置

術前検査

安全で確実なインプラント手術を行うため、模型検査・CT検査・麻酔科医術前検査を実施。

術前検査

インプラント手術

コンピューター上でシミュレーションした位置に正確に埋入できるサージカルガイドを使ってインプラント手術を実施。

インプラント手術

最終処置

一定の安静期間を経て最終補綴治療を行いました。

最終処置

術後

見た目とともに天然歯とほぼ変わらない噛み心地を獲得しました。

術後

ページトップへ戻る